情報ネットワークの未来を創造する株式会社アンリミテッド

CULTURE

企業文化

自ら考え、自ら行動する...それがアンリミテッド流

例えばアンリミテッドでは「独立採算制度」というものを採用しています。
大まかな目標は、会社側で提示しますが、予算配分、人員の管理、営業戦略などを各グループ単位で社員自らの手で行っています。私たちが独立採算制度を採用している理由は以下の2点です。

  • 一つの目標に向かい、それぞれが成すべきことを考え、行動するようになる
  • 忙しいグループと手が空いているグループがお互いの目標達成のため必然的に協力しあうようになり、忙しさが均一化される

社長のみならず、社員一人ひとりが「自ら考え、自ら行動する」という意識を持つことで、会社を自分達で作っていくという感覚が浸透しています。そんなアンリミテッドの企業文化の中で生まれていった社内制度を紹介します。

ワーキンググループ

有志により社内イベントや社員教育などを企画・実行しています。

社内連携(技術交流)会
配属先により、得意とするITの技術も異なります。月に一度集まり、自分が取り扱っている技術やプロジェクトの紹介をすることで、ネットワークやサーバ、アプリケーション開発などの分野を超えて、各々の知識を深めています。
社内イベントを考える会
仕事も大事だけど、たまには皆でハメをはずして遊びたい。企画をすることが大好きなメンバーが中心となり、バーベキューやボーリングなどを通して社員の親睦の和を広げています。
社内教育を考える会
「ITの知識よりも社会人としてのマナーをしっかり身につけて欲しい」といったリーダーたちの声や、「配属された時にこんなことが不安だった」という先輩社員の声を元に、新人教育をどのようにすればより良くなるかを考え、毎年更新しています。
新しいことを考える会
「こんな事業をしてみたい」や「こんな事をすればもっと会社は良くなるかも」のような今までには無い、何か新しいことを企画・検討する会です。
勿論、その内容は最終的に社長へ進言/提案することができます。

人事制度

半期毎に自分と上司の評価を元に各社員の評価をしていますが、評価ツールや評価基準は社員の声を元に定期的に見直しをしています。また、評価項目の一つには目標管理という自分で目標を設定する項目があります。
単に目標を立てるだけではなく、上司が一緒に目標達成のためのサポートやアドバイスをしながら自己成長を促します。

他にも、社内FA制度といった人材の流動化とモチベーションアップに有効な施策を積極的に導入しています。
結果的に各グループが協力しやすい環境が生まれ、独立採算制度が上手く機能している一因となっていると考えています。

社内検証環境整備

ネットワーク機器やサーバ機器など、社員のスキルアップや各種動作検証のための環境を整備しています。
実際の機械に触れながら先輩が指導していくことで、未経験の人でもわかりやすく理解をすることができます。

ページ先頭に戻る